松尾佳昭町長(中央)と懇談したステイシー・ハンターさん(左)とローラ・ティモーヴァさん=有田町役場

 今月から有田町に滞在し、焼き物に関する創作や研究活動に取り組んでいる英国の2人が25日、有田町役場を訪れた。松尾佳昭町長に活動内容を紹介し、町での生活を楽しんでいると報告した。

 デザインに関する学芸員のステイシー・ハンターさん(39)=英国=は「有田焼創業400年記念事業の新ブランド『2016/』など、伝統産業の取り組みを調査したい」と意欲。視覚芸術が専門のローラ・ディモーヴァさん(37)=ブルガリア出身、フィンランド在住=は「天草陶石や釉薬を使って小さな彫刻を作りたい」と語り、作品は秋に母国の美術館でお披露目予定という。

 海外の芸術家らの創作活動を支援する文化庁や県の事業で滞在しており、視覚芸術家のフローレンス・ドワイヤーさん(26)=英国=を含む3人が2~3月まで町内で活動する。松尾町長は「町を楽しん創作活動に生かして」と激励した。

このエントリーをはてなブックマークに追加