開店直後の「青螺の里」

 南にそびえる黒髪山塊最高峰青螺(せいら)山。大川内町小石原にJA伊万里直売所「青螺の里」(下平三枝子会長)があります。

 午前7時開店。暗いうちに明かりがともります。現在40人ほどの会員が交代で毎日2人ずつ、午後3時半の閉店まで店番です。

 大川内では良い野菜が採れます。平成11年、当時の女性学級の方たちがJA伊万里大川内支所敷地内に、野菜や花を並べたのが始まりで、壁には、創業時の大きな記念写真が掲げられています。

 屋外陳列で品物が劣化したり、帳面の出荷数と売り上げがなかなか合わながったりと困難が続きました。13年前に隣地にプレハブの店舗を建てて、レジスターを導入してからも、慣れない操作に格闘しました。

 野菜、果物、漬物などが並び、手芸品もあります。季節の花は種類も豊富です。基本的に全商品100円。「安くて、量が多く、見た目もきれい」と、開店直後から訪れる固定客も多いということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加