集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案に反対する市民グループが5日、佐賀市で街頭活動を行った。衆院憲法審査会の参考人質疑で憲法学の専門家3人がそろって同法案は「違憲」との認識を示したことを踏まえ、「戦争できる国にするための政権の強行を許さない」と訴えた。