機器の説明に熱心に耳を傾ける見学者=佐賀市

 佐賀県工業技術センターは23日、佐賀市鍋島町の同センターで見学会を開催した。約20人が参加、企業などに貸与している最新の設備や機器の説明を受けた。

 食品・コスメコースと生産技術・材料環境コースの2班に分かれ設備を見学。生産技術・材料環境コースでは、金属の引張試験を行う「万能材料試験機」や、X線を使って製品の内部を観察する「X線透過画像解析装置」などの使い道や使用料の説明を受けた。

 参加した生産設備メーカーの担当者は「多彩な分野の最新機械があって、とても興味深かった。自社で使う機会があればセンターを利用したい」と話した。

 同センター研究企画課の江口良寿課長は「企業経営の中で、ものづくりや技術面で疑問があれば気軽に相談してほしい」と呼び掛けた。問い合わせは同センター、電話0952(30)9398へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加