■嬉野

 井上 菜摘(いのうえ・なつみ)バスケットボール部主将で生徒会役員も務めた。「患者やその家族の心に寄り添える看護師になりたい」と織田病院に就職する。嬉野市嬉野町。(総合学科)

 

 納富 栞里(のうどみ・しおり)卓球部主将で体育祭の応援団長も務めた。九州龍谷短期大学の映像・放送コースに進学し、「佐賀県に貢献できるアナウンサーになりたい」。鹿島市高津原。(総合学科)

 

 重松 飛雄馬(しげまつ・ひゅうま)さが介護技術コンクールで最優秀賞。特別養護老人ホーム「御船荘」に就職。「利用者に寄り添い、信頼されるようになりたい」。武雄市東川登町。(社会福祉系列)

 

 川崎 利奈(かわさき・りな)成績は常にトップクラス。商業生が集まる県の事業で参加した台湾研修が思い出。「信頼される行員になりたい」と佐賀銀行に就職する。武雄市朝日町。(総合学科)

 

 大隈 咲季(おおくま・さき)商業技術部部長。ビジネス文書実務検定1級など多数の資格を取得した。長崎キヤノンに内定。「コミュニケーションを大切にして向上心を持つ」。嬉野市嬉野町。(総合学科)

 

 岩永 彩香(いわなが・あやか)ソングリーディング部の部長や体育祭の団長として活躍。「大切な友達と3年間笑って過ごせた」。武雄看護リハビリテーション学校に進む。武雄市東川登町。(総合学科)

 

 榮岩 優花(はえいわ・ゆうか)ソフトテニス部部長を務め、県総体団体優勝に導いた。西九州大学リハビリテーション学科に進み、「将来の夢」である理学療法士を目指す。嬉野市嬉野町。(総合学科)

 

■東明館

 池田 莉咲(いけだ・りさ)バイオ部で酵母を研究し、バイオ甲子園で準優勝を果たした。私立大文系を志望しており、将来は国内やアジア諸国で過疎地域活性化に取り組むことを目指す。鳥栖市弥生が丘。

 

 齊藤 啓子(さいとう・けいこ)生徒会の美化委員長を務め、ボランティアなどに取り組み、人間性を高めることができた。同志社大商学部に進み、誰からも親しまれる小学校教諭を目指す。鳥栖市大正町。

 

 野口 厚太(のぐち・こうた)野球部主将としてチームをまとめ、春季県大会で優勝を果たした。進学が決まった日本体育大でも野球を続けるつもりで「まずはレギュラーを取り、結果を残したい」。みやき町。

 

 原口 鉄将(はらぐち・てつまさ)野球部で最高の仲間や恩師と過ごした毎日が思い出に残る。立教大コミュニティ福祉学部に進学。将来は「海外に行き、途上国の人たちの野球を教えたい」。嬉野市嬉野町。

 

 平田 昴(ひらた・すばる)剣道部副主将で、仲間とともに練習に励んだ日々が思い出に残る。西南学院大外国語学科に進んだ後は、海外ボランティアなどを利用し、語学力を身につける。鳥栖市弥生が丘。

 

 前川 七夕(まえかわ・なな)修学旅行で訪れたオーストラリアで文化の違いなど多くのことを経験した。私立大法学部を目指し、将来は「国や地域をよくするために働きたい」と意欲を見せる。基山町。

 

 横尾 雄輔(よこお・ゆうすけ)野球部に所属。仲間とともにきつい練習を乗り越え、努力する大切さを学んだ。医学部を志望し、将来は父や祖父と同様に地域に密着した医者を目指す。佐賀市神野東。

 

今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(敬称略)。あすは佐賀北と有田工の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加