多くの来場者でにぎわった昨年の「さが農業まつり」=2018年1月

 JAグループ佐賀(JAさが、JA佐賀市中央、JAからつ、JA伊万里)が主催する県内最大規模の農業イベント「さが農業まつり」が30日~2月3日、佐賀市川副町の九州佐賀国際空港東側特設会場で開かれる。

 44回目を迎える今回のテーマは「さがそう! 佐賀の さがつくところ!!」。産直コーナーには佐賀県が誇る農畜産物や加工品がずらりと並び、焼き肉コーナーでは佐賀牛や肥前さくらポークを味わえる。「さが農業みらい館」と銘打ったブースでは、自動運転のトラクターや各メーカーが開発したドローンなど、農業の近未来を支える最新技術を紹介。農業の法人化や新規就農などの相談窓口も設置する。

 家族で楽しめるイベントも多彩で、JA共済のイメージキャラクター・アンパンマンショー(2、3日の午前10時、午後1時半、握手会付き、当日整理券配布)やもちつき、みそづくり教室なども開かれる。

 開場は午前9時~午後4時(最終日は午後3時まで)。2、3日は、会場と佐賀駅バスセンターとを結ぶ無料の臨時バスも運行される。問い合わせはJAさが農業まつり事務局、電話0952(25)5193、期間中はまつり会場、電話0952(45)5186。

このエントリーをはてなブックマークに追加