会見で政治情勢への見解などを述べた連合の神津里季生会長=佐賀市の佐賀県庁

 連合の神津里季生会長は25日、佐賀市を訪れ、記者会見を開いた。国民民主党と自由党の代表が衆参両院で統一会派結成で合意したことについて「野党が力を合わせていくことに向け、確実にステップを刻んだ」という認識を示した。

 神津会長は、野党の結集の動きについて「有権者は、今の1強政治に対抗し得る勢力になるつもりがあるのかを見ている」と強調した。国民民主と立憲民主党の主導権争いを「マイナス要素を付け加えるだけ。どちらが野党第1党になるのかは大した問題ではない」とけん制した。

 県選出で非自民の原口一博(佐賀1区)、大串博志(同2区)両衆院議員については「力を持っており、存在感もある」と評価、夏の参院選で佐賀選挙区の候補者擁立に向け「どれだけ力を発揮して頂けるか、期待している」と述べた。

 神津会長は、連合佐賀が実施している佐賀大学の講座で、講師として来県した。

このエントリーをはてなブックマークに追加