佐賀県は3月2日に韓国・全羅南道で開かれるマラソン大会「蟾津江(ソムジンガン)花道マラソン」に交流を兼ねて参加する3人1組のグループを募集している。スポーツを通じた草の根交流で友好を深める。1月28日締め切り。

 県や佐賀新聞社などが主催するさが桜マラソンに2013年から全羅南道の選手を招待しており、その返礼として全羅南道側から今回、初めて招待があった。

 派遣日程は2月28日~3月3日で、マラソン大会への出場に加え、現地での交流活動もある。宿泊費や食費、大会参加費などは全羅南道が負担するが、往復の航空券代や海外旅行保険代などは自己負担になる。派遣には県の担当者も付き添う。

 募集するのは県内在住のマラソン愛好家で、韓国との交流に関心が高く、さが桜マラソン2019(3月24日開催)でのおもてなしに参加でき、5時間の制限内で完走が見込める人。

 所定の応募用紙に記入し、県国際課に郵送か持参して申し込む。問い合わせは国際課、電話0952(25)7328。

このエントリーをはてなブックマークに追加