感謝状を手にし、笑顔を見せる平寛士さん=神埼市の神埼署

 側溝に落ちて上がれずにいた80代女性を救助したとして、神埼市神埼町の会社員、平寛士さん(37)が神埼署の香月幸太郎署長から感謝状を受けた。平さんは「最初はもらっていいのかなと思っていた。初めてもらうことができてうれしい」と笑顔を見せた。

 平さんは15日午後2時45分ごろ、同町を通行中、道路から約1・5メートル下の側溝にいる女性を発見。「最初は人ではないと思って通り過ぎようとした」が、改めて確認すると「女性が震えていた。慌てて助けた」という。

 ただ、1人では引き上げきれないと判断。「手を振って、大きな声で呼んだ。無我夢中だった」。約50メートルほど離れたところを歩いていた男性を呼んで協力して女性を救った。

 両親と3人暮らしの平さん。感謝状を受けることを話すと「よかことやけん、よかったね」と声を掛けてもらったという。平さんは「困っている人を見つけたら助けていきたい」と話し、香月署長は「もし発見が遅れていたら、人命に関わっていたかもしれない」と感謝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加