九州の北部と西部を結ぶ“陸の大動脈”、長崎自動車道のうち最後の工事区間として建設されていた武雄北方-大村インター間(39・1キロ)が開通した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加