「常に今いる場所が出発点。誰がなんと言っても書を続けたい」-。そう意気込む書家の米倉基峰(きほう)さん(86)が、米寿を記念する書作展を開いている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加