天井には動物が脱皮したような皮がつるされ、壁や床には流木などを使ったオブジェがひしめく。企画展「新庄さんち」は、彫刻家の新庄良博さん(67)=筑後市=の家を再現するように、作品やコレクションを並べた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加