佐賀大学芸術地域デザイン学部が昨年末開いた、現代の芸術の楽しみ方を紹介するアート展「発生の場」のシンポジウムで、教員10人が芸術表現について論議を交わした。主な内容を掲載する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加