最優秀に選ばれた江島さん=三養基郡神皆町の吉野ケ里温泉

 佐賀県商工会女性部連合会(古舘日登美会長)の主張発表大会が22日、三養基郡上峰町の「吉野ケ里温泉」であり、発表者4人の中から、三神ブロック代表の江島昭子さん(上峰町)が最優秀賞に選ばれた。

 江島さんは、町木のツバキを使ったオイルづくりに取り組んだ経験を発表した。最初は「ツバキ油は昔ながらの商品で売れるとは思わなかった」と気乗りしなかったものの、ツバキを調べるうちに優れた成分があると分かり、女性部で協力して製品化にこぎ着けた。「身近なものの魅力にいかに気づき、どう生かすかが大切」とまとめ、新製品開発に取り組んでいることも発表した。

 大会では、多久・佐城地区は廣松美紀さん、唐松地区は惠藤佐千代さん、杵藤地区は永尾智子さんも各地区の代表として発表した。佐賀新聞社の澤野善文・編集本部長が審査委員長を務め、県連専務理事、県女性連会長らが審査した。

このエントリーをはてなブックマークに追加