本大会出場を目指し力走する伊万里・西松浦地区予選会の出場選手=昨年12月9日、伊万里市の国見台陸上競技場

大川町体協 安定感抜群、表彰台を

 第1回大会から連続出場を続けている唯一のチーム。直近5年で4度5位以内に入るなど安定感は抜群で、今年は表彰台を見据える。

 県内一周駅伝メンバーで、5000メートル15分台の実力を誇る岩永、平山貴の両エースは今年も健在。1区古藤康で上位につけ、前半ゴールの地元に3位以内で入りたい。

 後半は平山貴にスタートダッシュを託す。最終8区を出走予定のベテラン池田の仕上がりが順調で、5位以内でのフィニッシュを目指す。平山監督は「町民に元気と勇気を与える走りを見せる」と話す。

監 平山 隆一 57(34)

選 堀田謙一郎 47(10)

〃 杉本 賢治 43(22)

〃 喜多 智徳 40(9)

〃 池田 裕城 39(20)

〃 平山 欣史 33(15)

〃 岩永 悠太 29(8)

〃 古藤 健太 29(11)

〃 古藤 康太 29(11)

〃 平山 貴裕 28(6)

〃 石橋 諒一 28(9)

〃 田口  諒 19初

 

伊万里中校区体協 新戦力迎え巻き返し

 昨年は主力の欠場で順位を六つ落としたが、シード圏の10位を何とか確保した。今回は力のある新戦力を迎え、巻き返しを誓う。

 前々回の1区で2位と好走した北村が復活。5000メートル15分台の実力でチームをけん引する。初出場の副島、SUMCO伊万里から和嶋が加わり、勝負強い内野らが担うつなぎ区間も充実した布陣で臨む。

 昨年12月から合同練習を開始。インターバル走などでスピード強化を図った。松尾監督は「力のある選手がそろった。5位以内を目標に一つでも上を狙いたい」と話す。

監 松尾 茂信 54(31)

選 松尾 茂信 54(31)

〃 福田  太 45(18)

〃 北村 弘樹 40(14)

〃 内野加那子 37(6)

〃 百田 勝洋 34(16)

〃 田中 武宣 39(2)

〃 和嶋  奨 28(10)

〃 前田 圭祐 36(10)

〃 副島 義門 32初

〃 下平 悠貴 232

〃 坂口 勇樹 33初

 

伊万里・西松浦地区選抜 地区の実力者集まる

 伊万里・西松浦地区予選を通過できなかった東山代町、南波多町、松浦町の3体協の合同チーム。各地区の実力者を集めており、3位相当のタイムを目標に掲げる。

 エースは前大会で新人賞を受賞した南波多町体協の松本隆(福岡大3年)。5000メートル14分台と全チームの中でもトップクラスの実力を誇る。関(松浦町体協)も安定感ある走りを見せる。

 前半で上位につけ、後半は順位をキープする展開に持ち込みたい。中島監督は「それぞれが地域の代表であることを胸に、精いっぱい走ってほしい」と期待する。

監 中島 道徳 47(20)

選 谷  賢祐 28(10)

〃 山浦  晃 44(26)

〃 執行 健司 41(19)

〃 秋好 貞史 26(2)

〃 中島 伊吹 22初

〃 松本 隆佑 20(3)

〃 松本 龍二 23初

〃 熊川 伸也 27(5)

〃 関  真志 26(8)

〃 高田 純弥 27(6)

〃 松尾  淳 46(14)

 

唐津・東松浦地区選抜 練習の成果を発揮へ

 唐津・東松浦地区予選を通過できなかった相知町、厳木町、肥前町、海青中校区の4体協でつくる合同チーム。練習の成果を発揮し、一つでも上位を目指す。

 県内一周駅伝選手の森(相知町)と末松(浜玉町)が中心。末松は日々熱心に練習を重ねており、5000メートル17分23秒のベストタイムを持つ。

 初出場の坂本(海青中校区)、2回目の山崎(浜玉)は重要区間に据える予定。

 荒巻監督は「次回、地元体協チームで本戦に出場するためにも、力強い走りを見せたい」と期待を寄せる。

監 荒巻 敏寿 53(34)

選 森  俊博 28(6)

〃 末松 功之 37(4)

〃 坂本 隆一 20初

〃 長嶺 孝之 38初

〃 進藤 亮作 41(17)

〃 嶺川 知之 41(18)

〃 山崎 大輝 19(2)

〃 松本  将 32(4)

〃 吉村 公男 36(16)

〃 小川  茂 48(9)

〃 大薗 栄治 42(10)

このエントリーをはてなブックマークに追加