■多久

 小川 風香(おがわ・ふうか)吹奏楽部で練習時の指揮者を務め、一体感のある演奏を支えた。佐賀大に進学、部活動の経験を基に「相手の心に響く言葉で人と関わりたい」と教師を目指す。多久市南多久町。

 大坪 里奈(おおつぼ・りな)弓道部と生徒会での活動に励み、第1志望の北九州市立大に進学。地方公務員を目指して経済学を学ぶ。「空き店舗が増える地域の課題解消に力を注ぎたい」。多久市北多久町。

 山崎 千尋(やまさき・ちひろ)学年トップの成績。体育祭の応援リーダーとして総合優勝に貢献した。将来の目標は「多くの人を健康で笑顔にできる」管理栄養士。中村学園大で栄養学を学ぶ。唐津市久里。

 木下 幸征(きのした・こうせい)バレーボール部の中心選手。けがに泣かされたが、2年連続で九州大会に進んだ。戸上電機製作所に就職、「信頼される社員になり、海外でも働きたい」。唐津市相知町。

 藤川 愛花(ふじかわ・あいか)「努力はきっと報われる」。資格の取得に力を注ぎ、情報処理、電卓、ビジネス文書の3種目で1級に合格した。就職先の京セラで人間性に磨きをかける。多久市多久町。

 江里口 梨奈(えりぐち・りな)県総体のバドミントン団体で初優勝、全国でも初戦突破に貢献し、「全員が一つになり、力を出し切った」。ラブコールを受けた金沢学院大で競技を続ける。多久市東多久町。

 靍本 直生(つるもと・なおき)クライミングの日本代表に選ばれ、アジア、世界大会を経験。学校生活も仲間に恵まれ、「この学年の1人でいられてとてもうれしい」。久留米工業大に進学。小城市芦刈町。

 

■佐賀女子

 芳賀 愛美(はが・あいみ)バドミントン部主将。九州総体はV2ならず、悔しさが残ったが団体3位。「一つの目標に向け同じ気持ちになれた」。患者に向き合う看護師を目指す。福岡県大川市。(普通科)

 山口 未葵(やまぐち・いまき)ソフトボール部主将で全国総体3位。「周囲への気配りを学んだ」。体育教諭を目指し、「周りの支えで自分がいる。感謝を忘れず頑張りたい」。佐賀市新栄東。(普通科)

 田島 知奈(たしま・ちな)合唱部部長、全国大会で金賞に。歌の技術を一番に習得して部を引っ張った。福岡教育大に進み、「音楽の楽しさを伝えられる音楽教諭になりたい」。伊万里市脇田町。(普通科)

 山田 菜美(やまだ・なみ)ソフトボール部。全国総体では打撃で部に貢献した。料理好きで「魚のあんかけ」が得意。夢は管理栄養士。「多くの人が元気になる食事を作りたい」。佐賀市新栄東。(食物科)

 榎本 夕菜(えのもと・ゆうな)新体操部副将。県総体で優勝し「諦めないことを学んだ」。東京の大学でも続け、日本一を目指す。佐賀女子は「縦横のつながりが強い温かい学校」。佐賀市西魚町。(普通科)

 久保田 ゆきの(くぼた・ゆきの)空手道部主将。個人で全国総体出場。「厳しい練習に耐えメンタルが強くなった」。衛生看護専攻科に進み「信頼される看護師に」。佐賀市兵庫北。(衛生看護科)

 炭屋 もも(すみや・もも)生徒会長。生徒会新聞の発行を増やし、生徒の意見を積極的に取り入れた。「みんなの笑顔を近く感じるようになった」。美術大油画専攻に進む。佐賀市水ケ江。(普通科)

このエントリーをはてなブックマークに追加