野党各党の会派結成の動きが表面化した24日、国民民主党の原口一博国対委員長(衆院佐賀1区)と、立憲民主党会派に所属する無所属の大串博志衆院議員(佐賀2区)はともに「野党が大きな固まりになるための動きの一つだ」との認識を示した。

 国民は自由党との統一会派結成を決め、立民も社民党と参院会派結成を届け出た。ある野党関係者は「大義名分をつけても、ようは参院の野党第1会派争い」と語る。

 原口氏は「バラバラになった民主党を政権交代可能な勢力として復活させると訴えてきた。それには小沢一郎さんの構想力も必要だろう。一つのステップとして前向きに捉えている」と評価した。大串氏は「野党が大きな固まりになることが大事だ。無所属の会が立民会派入りしたのも、今回の動きも、そのための過程の一つ」と分析した。

このエントリーをはてなブックマークに追加