健闘を誓い、宣誓する岩永拓也選手=有田町生涯学習センター

 第59回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社など主催)に出場する西松浦郡チームの結団式が23日夜、有田町生涯学習センターで開かれた。選手や町体協など関係者ら約70人が出席、一つでも上の順位を目指し、全力を尽くすことを誓った。

 チームは7年連続最下位と厳しい戦いが続く。有田町体協の久保田誠会長は「結束力は負けていない。チームワークを発揮して頑張って」と激励した。岩永義次監督(58)も「この3年間、一つ上のチームとのタイム差を毎年短縮しており、チーム力は確実に上がってきている。一丸となって走れば最下位脱出も夢ではない」と力を込めた。

 選手一人一人が決意を述べた後、岩永拓也選手(33)が「ふるさとへの思いや育ててもらった皆さんへの感謝を込め、力の限り走ることを誓います」と宣誓した。

このエントリーをはてなブックマークに追加