【きょうの催し】

 ファンタジーアート展(27日まで、佐賀市日の出の佐賀市文化会館)

 

【巡回車】(26日)

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=鳥栖市保健センター(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 

【感染症】(14日~20日)

 報告数の多い疾病は(1)インフルエンザ=2081件(2)感染性胃腸炎=77件(3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=27件(4)伝染性紅斑=21件(5)手足口病=14件

 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

 

【イベント】

 ◆日峯さん朝市&フリーマーケット@新馬場

 (27日8~12時、佐賀市松原の松原神社参道=新馬場通り)朝市と、芝生広場でフリーマーケットを開催。夢楽人、電話0952(97)7750。

 

【展覧会】

 ◆墨彩画高橋翠苑教室作品展

 (27日まで、佐賀市の県立美術館2階画廊)10時~17時(27日は15時まで)。高橋翠苑先生と教室に通う会員の約60点。高橋水墨画同好会主催。

 

 ◆いけのぼう初生け会

 (26・27日、佐賀市城内の佐賀城本丸歴史館外御書院)華道家元池坊佐賀市連合会が毎年新年に開催。池坊華道が550年以上にわたり受け継いできた心と技を踏まえつつ、自然や住宅環境の変化、流通の国際化による花材の変化などに対応した作品。26日は11時から、27日は15時まで。

 

【講演会】

 ◆吉野ケ里歴史公園歴史講座

 (27日13時半~15時、神埼市と吉野ヶ里町の吉野ケ里歴史公園内「弥生くらし館」)県文化財課の渡部芳久さんが「古墳時代初頭前後の吉野ケ里遺跡」と題し、3世紀頃の吉野ケ里遺跡について解説する。聴講無料。当日13時から受け付けを始め、先着50人。公園管理センター、電話0952(55)9333。

 ◆80歳のセラピスト秋吉美千代さん唐津講演

 (30日14時~15時、唐津市二タ子の市高齢者ふれあい会館りふれホール)英国赤十字社が考案した心身のケア法「セラピューティック・ケア」の第一人者として知られる県出身の秋吉美千代さんが「60歳からかがやいて生きるために」の演題で講演する。無料。参加申し込みは唐津市民活動センターステップ、電話0955(75)2290。

 

【告知板】

 ◆小城市市民公開講座

 (29日13時半~15時、小城市の小城保健福祉センター桜楽館)さわやか福祉財団インストラクターで、NPO法人市民生活支援センター「ふくしの家」の江口陽介理事長が「なぜ地域づくりをやるのか」と題して講演。子どもやお年寄り、障害者など生活支援が必要な人を地域で支える「互助」について考える。聴講無料、事前申し込みが必要。小城市高齢障がい支援課、電話0952(37)6108。

このエントリーをはてなブックマークに追加