「家族のような仲間」と笑顔の武雄青陵中女子テニス部のみなさん

 笑顔が絶えず、明るい声が響き渡るコートでは、現在21人の部員が活動しています。顧問の中田浩先生は、1年から3年までの縦のつながり、保護者や顧問も含め「家族」のような関係づくりを目指しています。

 中学で初めてテニスボールを触る生徒がほとんどで、練習メニューづくりなども協力し合いながら考え、待ち時間を減らしてみんながたくさん打てるような練習を心がけています。

 中学総合体育大会団体戦の応援で、全員が一致団結してひとつになれたこともいい思い出です。これからも仲のいい関係を大切にしながら、練習や試合に臨んでいくそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加