沖縄県民投票の選択肢について協議する、県議会全会派による代表者会議=24日、県議会

 沖縄県民投票実施を求める市民団体と面談する沖縄市の桑江朝千夫市長(左)=24日午後、沖縄市役所

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う2月の県民投票まで1カ月となった24日、同県議会の各会派代表者会議は選択肢を賛否だけの2択から「どちらでもない」を加えた3択に増やす方向で合意した。29日に県議会の臨時会で条例改正案が全会一致で可決される見通し。不参加を決めていた5市長も参加の意向を示し、県全域での投票実施が確実になった。

 不参加を表明していたのは宜野湾、宮古島、沖縄、うるま、石垣の5市。県政野党の自民党会派代表者は会議後、「県議会で(3択案が)全会一致で可決されれば、参加すると(5市長から)確認できた」と明らかにした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加