プリスコバを下し決勝進出を決め、喜ぶ大坂なおみ=メルボルン(AP=共同)

 女子シングルス準決勝でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)

 全豪オープンテニスの女子シングルスで、決勝進出を決め喜ぶ大坂なおみ。全豪では男女を通じて日本勢で初めて決勝に進出する快挙を達成した=24日、メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第11日は24日、メルボルンで行われ、女子シングルス準決勝で四大大会2連勝を目指す第4シードの大坂なおみ(日清食品)は第7シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に6―2、4―6、6―4で勝ち、日本勢初の決勝進出を果たした。世界ランキング4位の大坂は大会終了後に日本勢過去最高位の2位以内に上がる。

 大坂はノータッチの決定打を56本も奪い、最終セットの第3ゲームでブレークに成功して押し切った。26日の決勝でペトラ・クビトバ(チェコ)と顔を合わせる。

 男子シングルスはラファエル・ナダル(スペイン)が決勝へ進んだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加