大型事業が一斉に始動する重要な時期を迎えながら、昨年秋以降、市による農地法違反、鳥栖駅周辺整備事業の白紙撤回など、つまずきを見せた鳥栖市。2月10日告示の市長選を前に、飛躍への課題を見つめる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加