笑いの大切さを説く茂木さん=佐賀市のエスプラッツ

 脳科学者の茂木健一郎さんのトークショーが21日、佐賀市で開かれた。茂木さんは笑いの重要性を説き、「笑い」で既成の価値や事実に挑戦し、自らを表現していくことを呼び掛けた。

 笑いは不安を乗り越える力があるという。茂木さんは疑問に思う社会問題を笑いに変えることを勧め、政治を扱った米国のコメディーを動画で紹介した。

 「コメディーは価値に挑戦するロックスターという話もある」。差別や偏見を乗り越えた英国のロックバンド「クイーン」の故フレディ・マーキュリーさんにも触れ、「世間の空気を読まず、自分がいいなと思ったことを表現してほしい。(彼の歌った)チャンピオンには弱い者を守るという意味もある。弱い立場の人にも寄り添ってほしい」と話した。

 トークショー後には茂木さんの新著『ペンチメント』の発売を記念したサイン・撮影会も開かれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加