【ダボス共同】中国の王岐山国家副主席は23日、スイス東部ダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会で講演し「世界における技術分野での覇権争いは慎むべきだ」と指摘した。半導体や通信機器といったハイテク分野で中国に対する締め付けを強化している米国をけん制した発言とみられる。

 一方で、米中関係に関しては「強い相互依存関係にあり、対立すると互いに害を受ける」とも指摘。貿易摩擦の解消を目指す必要性があることを強調した。

 世界で台頭している自国第一主義やポピュリズム(大衆迎合主義)を巡っては「多国間主義を支持する」と表明した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加