児童と「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を歌う古賀さん(右)=佐賀市の開成小

 佐賀市出身のシンガーソングライター古賀小由実さん(29)=大分市=が16日、母校の開成小(南川雪子校長)を訪れた。全校児童を前に透明感のある歌声を披露し、音楽の楽しさを伝えた。

 古賀さんは中島みゆきの「糸」、作詞作曲した「キャラメルマキアート」、「ぽかぽかの花」を披露。ぽかぽかの花は3年前、同校の創立25周年を記念し、児童が開成小から連想したキーワードを基に、古賀さんが曲をつけた。下校時に流れるなじみの曲で、児童たちも古賀さんと一緒に口ずさんだ。英国のロックバンド、クイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」は全員で手足でリズムを取りながら歌った。

 5年の藤瀬司悠君(11)は「歌声がきれいだった。皆の心が一つになったみたい」と喜んでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加