米国などに向けて輸出を待つ自動車=2018年8月、川崎市

 財務省が23日発表した2018年の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は1兆2033億円の赤字だった。原油価格の上昇で輸入の伸びが輸出を上回ったことが要因となり、赤字は3年ぶり。12月単月では中国向け輸出が前年同月比7・0%減と大幅に下落。中国経済の減速により携帯電話関連などが不振で、米中貿易摩擦の影響が日本にも波及した形だ。

 12月の対中国は、輸出が1兆4026億円、輸入は6・4%減の1兆5970億円だった。輸出入ともに携帯電話関連の落ち込みが目立った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加