九州電力は22日、玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)の使用済み核燃料の保管量を増やすため、特殊な金属容器(キャスク)に入れて空気で冷やす乾式貯蔵施設を敷地内に新設することを決め、原子力規制委員会に申請…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加