使用済み核燃料を貯蔵するプールには、燃料集合体を収めるステンレス製の容器(ラックセル)があり、その間隔を詰めて貯蔵数を増やすのがリラッキングと呼ばれる工事だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加