広島で見つかった岡田さんの夫とみられる男が乗った警察車両=22日午後5時5分ごろ、神埼署

 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈の山中に岡田幸子さん(79)=福岡市東区唐原5丁目=の遺体を遺棄したとして、佐賀県警は22日、無職の夫(70)=同=を死体遺棄の疑いで逮捕した。殺害もほのめかしている。容疑者は幸子さんと昨秋の同じ時期に行方不明となっていたが、同日、広島県内にいたのを警察が発見。捜査本部が設置されている神埼署で事情を聴き、事件に関与した疑いが強まった。

 逮捕容疑は17日ごろ、幸子さんの遺体を吉野ヶ里町松隈の山中に遺棄した疑い。

 捜査関係者によると、容疑者が不明前から使っていたとみられる車を広島県大竹市で警察官が見つけ、運転していた男性が夫であることを免許証で確認した。

 夫妻は2人暮らしで、幸子さんが昨年10月22日、容疑者の行方不明届を福岡県警東署に出した。幸子さん自身も行方が分からなくなり、4日後に同様の届けが出された。幸子さんの遺体は今月20日に発見され、司法解剖の3~5日前に死亡したとみられ、発見までの約3カ月、2人がどこで何をしていたかは分かっていない。

 また、幸子さんの遺体はセーターにズボン姿で靴は履いておらず、靴下も着用していなかった。薄着で目立った汚れもないことから、別の場所で首を絞められて殺害された後、車で山中に運ばれて遺棄された可能性が高いとみている。

 現場は、道の駅吉野ヶ里「さざんか千坊館」から西に約200メートル。近くを散策していた30代男性が20日正午ごろ、林道脇の斜面で遺体を見つけ110番した。県警は21日の司法解剖結果から殺人・死体遺棄事件と断定し捜査していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加