秋篠宮さまの長女眞子さま(27)との婚約が延期になっている小室圭さん(27)が22日、週刊誌で報じられた母佳代さん(52)の元婚約者の男性との金銭トラブルについて「解決済み」と訴える文書を正式に公表した。この男性は同日、共同通信の取材に「トラブルは解決していない」と反論。「交際中に渡した金を返してほしい気持ちは変わらない」と訴えた。 

 秋篠宮さまが昨年11月の誕生日会見で、トラブルを念頭に対応を求めていた。小室さんがトラブルについて公にコメントするのは初めて。

 小室さんは男性に協議を求める考えで、男性は「(小室さんから)打診があれば協議には応じる」との意向を示した。

 文書では、佳代さんが2010~12年の婚約中に男性から金銭支援を受けた経緯を説明。男性から婚約を解消された12年9月、佳代さんが清算する意向を伝えたが、男性が「返してもらうつもりはなかった」と申し出を断ったとしている。

 しかし13年8月ごろ、男性が返済を求める手紙を送付。佳代さんが専門家に相談した上で男性と会い、要望を断った。男性も専門家と相談してから連絡するとの考えを示したが、その後やりとりはなかった。

 男性によると、生活費や小室さんの学費などとして計約400万円を支援。「借用書はないが、全額あげたとは言っていない」と語った。

 小室さんと眞子さまの婚約が内定した後の17年12月、週刊誌が佳代さんと男性に金銭トラブルがあると報道。宮内庁が18年2月、結婚関連の行事を20年まで延期すると発表した。

 小室さんの代理人の弁護士は「秋篠宮さまが会見で対応を求めたことや、結婚関連行事の延期発表からまもなく1年になるためこの時期の公表となった」と説明している。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加