共同記者発表するロシアのプーチン大統領(右)と安倍首相=22日、モスクワのクレムリン(共同)

 会談するロシアのプーチン大統領(右)と安倍首相=22日、モスクワのクレムリン(共同)

 【モスクワ共同】安倍晋三首相は22日午後(日本時間同日夜)、ロシアのプーチン大統領とモスクワのクレムリン(大統領府)で会談した。北方四島のうち歯舞・色丹の2島引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎とする平和条約締結交渉をさらに加速させる方針で一致した。首相は会談後の共同記者発表で「相互に受け入れ可能な解決策を私とプーチン氏のリーダーシップの下、力強く進めていく決意を確認した」と述べた。

 両首脳は会談で、交渉の新たな枠組みの責任者となった両外相に対し、2月にドイツ・ミュンヘンでの安保会議に合わせて2回目の協議を開催、交渉を前進させるよう指示した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加