厚生労働省は22日、毎月勤労統計の不正調査問題を受け、鈴木俊彦事務次官と宮川晃厚労審議官を訓告、担当部署の責任者を務めた幹部ら20人超を減給などの処分とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加