大阪と京都の民泊施設や山中で昨年2月、兵庫県の女性会社員=当時(27)=の切断遺体が見つかった事件で、傷害致死と死体損壊・遺棄の罪に問われた米国籍の男(27)の裁判員裁判で神戸地裁は22日、懲役8年の判決を言い渡した。

このエントリーをはてなブックマークに追加