■夢を乗せて

この作品は、Sientaに7人分の夢を乗せられることをイメージして作りました。Sientaではたくさんの夢・思い出が乗せられると思い、そのイメージを一番強く感じさせることができるのは、子どもたちだと思いました。子どもたちが笑顔で明るい雰囲気の中、それぞれSientaに乗ってどこへ行こうか、何をしようかと考えていることを表現するために、子どもたちの回りにおもちゃや動物、キャンプ用のテントなどを描きました。また、回りに自転車やおもちゃなどをたくさん描くことで、Sientaの特徴である車内の広々とした空間をイメージしやすいようにしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加