毎月勤労統計の不正調査問題で、不正な手法を容認するマニュアルが厚生労働省統計部局のトップである部長名で決裁されていたことが22日、同省の特別監察委員会の調査で分かった。長年、不正が組織的に行われてきた疑いが強まった。

このエントリーをはてなブックマークに追加