九州電力は22日、臨時取締役会を開き、玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)の使用済み核燃料対策として、特殊な金属容器に入れて空冷する「乾式貯蔵施設」を敷地内に新設することを決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加