九州電力が玄海原発(佐賀県玄海町)の使用済み燃料の収容量を増やすため、特殊な金属容器の中で冷やして保管する「乾式貯蔵」施設を敷地内に新設することを決めたことが22日、分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加