Q 認知症で寝たきりの母の銀行通帳を、姉が好き勝手に管理しています。母の介護費用も満足に払っていないようですし、姉自身の生活費などに使い込んでいるようです。どうやって母の財産を守ったらよいのでしょうか。

 A 高齢化が進む中、ご家族の誰かが自分のお金の管理ができなくなり、各種支払いや公的な手続きなどについて、他の家族が面倒をみているというケースも多いのではないでしょうか。

 今回のように、お母さんの面倒をみている人(姉)が、お母さんの通帳などをまとめて管理していることも多く、他の親族がその財産管理に疑問を持たれることは少なくありません。そうした場合には、お姉さんから、お母さんの通帳を取り戻さなくてはなりません。ただ、力ずくで取り戻すわけにもいきません。

 そこで使えるのが成年後見制度というものになります。認知症などで判断能力が落ちてしまった方には、その度合いに分けて成年後見人、保佐人、補助人という名の財産管理人(以下、「後見人」と言います)を付けることができます。

 今回の件では、お母さんの後見人が、その権限でお母さんの通帳の再発行手続きなどができ、お姉さんから管理権を失わせることができます。また、お姉さんが使い込みなどをしていた場合、そのお金を戻すように後見人がお姉さんに請求します。

 後見人は、基本的には家庭裁判所へ申し立てをします。後見人選任の申し立てをすると、裁判所は後見人を付ける必要があるかどうか、付けるとして誰を付けるのかを判断、決定します。

 後見人となるのに特別な資格などは必要なく、候補者を立てることもできます。ただ、必ずしも候補者が選任されるわけではなく、親族の誰かになるのか、弁護士などの専門家が選ばれるのかはケースバイケースです。今回のように使い込みが疑われる場合には、弁護士が選任される可能性が高いと思います。

 誰が後見人に選ばれるとしても、お母さんの財産を守るために最適な選択は何か、という観点から決定されていきます。大切な人の財産を守る上で、後見制度の利用もぜひ検討してもらえればと思います。(神埼市 弁護士 下津浦 公)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加