自民党佐賀県連は21日、代表役員会を開き、鳥栖市長選(2月10日告示、17日投開票)に立候補を表明している新人で元鳥栖市市民環境部次長の槙原聖二氏(54)=萱方町=の推薦を決めた。

 市長選は、現職の橋本康志氏(63)=本町・3期=も立候補を表明しており、一騎打ちになる公算が大きくなっている。留守茂幸県連会長は「鳥栖市支部も団結している。しっかりと結果を出し、統一地方選や参院選につなげていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加