加茂専務理事(左)に寄付金を手渡したトヨタ部品福岡共販の田中佐賀支社長=佐賀市の県交通安全協会

 交通安全運動に協力しようと、トヨタ部品福岡共販が18日、佐賀市の県交通安全協会に寄付した。

 寄付金は同社が社内に設置している社会貢献用の自動販売機の売り上げから贈った。創立40周年を迎えた2009年から毎年、支社がある福岡、佐賀、大分、長崎の交通安全協会に寄付している。同社の田中俊彦佐賀支社長(60)は「交通事故の死亡件数を減らしてほしい」と話し、同協会の加茂賢治専務理事(64)に寄付金を贈呈。加茂専務理事は「反射材の購入や教育活動費など有意義に資金を使いたい」と謝意を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加