グーグルのロゴ(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスの情報保護当局「情報処理と自由に関する国家委員会」(CNIL)は21日、米IT大手グーグルが個人情報を収集するに当たり、利用者に明確な情報を提供せず、欧州連合(EU)の規則に違反したとして、同社に制裁金5千万ユーロ(約62億円)の支払いを命じた。新規則施行後では、欧州で最高の制裁金額という。膨大な個人情報を収集して成長を続けてきた巨大IT企業への世界的な規制強化の動きが強まっている。

 EUは昨年5月に個人情報保護を厳格化する新規則「一般データ保護規則」(GDPR)を施行した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加