相模原市で2016年に起きた障害者施設殺傷事件を受け、措置入院患者の支援強化を盛り込んだ精神保健福祉法改正案について、政府が28日召集の通常国会への提出を見送る方針を固めたことが21日、関係者への取材で分かった。 

このエントリーをはてなブックマークに追加