韓国海軍の駆逐艦から海自哨戒機が火器管制レーダーを照射された問題で、防衛省が公開した映像=2018年12月20日、石川県・能登半島沖(防衛省提供)

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題で、防衛省は21日、最終見解を明らかにした。哨戒機が照射を受けた際に探知したレーダーの電波を音に変換した記録を新たな証拠として公開。改めて韓国側に強く抗議し、照射の事実を認め、再発防止を徹底するよう要求した。実務者協議に関し「真実の究明に至らないと考えられ、韓国側と続けることはもはや困難と判断した」と表明し、協議の打ち切りを示唆する異例の対応を取った。

 一方で、防衛省は日韓、日米韓の防衛協力について「極めて重要で不可欠との認識に変わりはない」と指摘した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加