■あなたのココロが晴れますように

誰が見ても優しい雰囲気だと感じられるようなイラストにしました。雨が降った時はテルテル坊主にお願いするように、テルテル坊主を気軽に相談できる相手に見立てました。このイラストでは、悩んでいるのはテルテル坊主、相談を聞いているのがウサギです。雨を悲しみの感情に例えて、その悲しみが誰かに話すことによって晴れたところを雨上がりで表現しました。キャッチコピーに込めた思いは、一度解決したと思っても、嫌だったことは心に残り続けるので、その気持ちがこれからゆっくり話していくことで晴れてほしいという願いを込めました。「精神科」という近寄りがたいイメージをなくし、「誰でも相談しやすい」というイメージに変えたい思いも込めました。明るい色を多く使うことで温かみを出し、新聞に載ったときに目に留まり、穏やかな気持ちになれるような色を使いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加