第72回東西松浦駅伝大会(佐賀新聞社主催、唐津市陸上競技協会・伊万里市陸上競技協会・有田町陸上競技協会主管、佐賀ダイハツ販売特別協賛)は27日、有田町の同町東出張所前から唐津市の唐津神社までの8区間59.8キロで競う。

 前回大会の10位以内と予選会を勝ち抜いた8チームに、唐津・東松浦、伊万里・西松浦両地区の選抜2チームを加えた20チームが郷土の誇りを胸にたすきをつなぐ。

 大会を前に出場チームを紹介する。(名簿の数字は年齢、○内は出場回数)

 

鏡体協 総力戦で巻き返しを

 一昨年の優勝チーム。昨年は主力のけがや流出が響き、まさかの17位に沈んだ。巻き返しを期す今大会は美間坂斎が復帰。力のある新人も加わり、総力戦で2年ぶりの表彰台を狙う。

 優勝を知る美間坂、盛田で序盤に流れをつくれるかがポイント。県内一周駅伝出場の山浦や昨年6区区間賞の中島ら実力者が顔をそろえ、サッカー経験者で初出場となる中村誠の奮闘にも期待がかかる。

 脇山監督は「チーム全員が復活に向けて燃えている。2年ぶりの表彰台に上がり、地元の期待に応えたい」と意気込む。

 

監 脇山規矩雄 70(11)

選 盛田 和基 34(16)

〃 川原 一城 47(27)

〃 中村 貴寛 37(15)

〃 波多 勇気 36(6)

〃 山浦 和人 34(6)

〃 美間坂 斎 30(8)

〃 岩下 莉奈 29(5)

〃 岩崎 貴広 28(5)

〃 中島  亮 28(4)

〃 菊池 隆文 41(20)

〃 中村 誠也 21初

 

SUMCO伊万里 2年連続完全優勝へ

 過去12度の優勝を誇る強豪。好調な選手をそろえ、昨年と同じように前後半とも1位で大会2連覇を狙う。

 前回加入1年目で優勝に貢献した加川、渕上のほか、出場9回目の河崎ら力のある選手が加わり、チーム内競争は激化している。

 今年のテーマは“挑”。22歳の坂取は5000メートルを15分台で走るなど好調を維持。前回4区で区間賞の永益が積極果敢なレースでチームをけん引する。

 友廣監督は「1区から攻めの走りを見せる。総合力を発揮して優勝を目指す」と意気込む。

 

監 友廣 直樹 52(12)

選 永益 邦弘 39(21)

〃 杉光 俊信 36(10)

〃 河崎 貴志 33(9)

〃 古賀 慶彦 33(14)

〃 土田 将太 31(13)

〃 梅田 諒承 30(8)

〃 樋渡 浩貴 27(6)

〃 松本 千弘 26(8)

〃 坂取 健斗 22(4)

〃 渕上慶一郎 20(2)

〃 加川 英文 19(2)

 

肥前町体協 8年ぶりの本戦出場

 地区予選を勝ち抜き、8年ぶりの本大会出場。夏場から力のある若手を中心に合同練習を重ねており、高い士気のまま、本番のレースに挑む。

 予選突破の原動力となったのは初出場の若手3人。唐津工高駅伝部で活躍した西島を中心に、唐津南高陸上部出身の井上耕、平田椋がチームをもり立てる。県内一周駅伝など経験豊富な中山、上りに強い鶴田らの力走で順位を引き上げたい。

 チームの武器は地元の納所ランニングクラブで培った世代間の絆だ。平田俊監督は「子どもたちの励みになるような走りを」と期待する。

 

監 平田 俊夫 53(35)

選 川添 東林 59(33)

〃 中山 兼治 41(22)

〃 鶴田 尚武 40(10)

〃 井上 優慶 39(17)

〃 北原 将行 39(15)

〃 久保 将造 36(7)

〃 宮崎 和希 23(5)

〃 井上  研 19(2)

〃 西島 滉希 19初

〃 井上  耕 18初

〃 平田 椋士 19初

 

二里町体協 シード権獲得に一丸

 2017、18年と2年連続の12位。エース級の新戦力が加入し、念願のシード権獲得にチーム一丸で挑む。

 県内一周駅伝のメンバーで昨年まで青嶺中校区体協で活躍した佐々木が加わり戦力が充実。昨年エース区間を担った永尾やチーム最多33回出場の牧瀬ら経験豊富な選手たちも調整は順調で、合同練習を重ねて本番に備える。

 「前半重視のレース展開で7位を目指す」と大宅監督。「町民の熱い応援を力に変え、粘りを見せてほしい」と話し、選手たちの力走に期待を寄せる。

 

監 大宅 弘幸 55(25)

選 牧瀬 光之 57(33)

〃 山田 久生 36(13)

〃 川原 敏裕 45(27)

〃 草野  建 33(11)

〃 永尾 幸大 31(11)

〃 田中 孝幸 31(11)

〃 西岡文太郎 29(7)

〃 中尾 浩司 20(2)

〃 八島 康祐 39(14)

〃 佐々木隆文 27(5)

〃 吉永 成吾 41(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加