前回16位からの躍進を期した佐賀県チームは23位でゴールした。我慢のレースを強いられる中、2年連続で1区を担った平駿介(白石高)とアンカーの古賀淳紫(安川電機)が気を吐いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加