沖縄県・米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の予定区域で、政府は今春にも軟弱地盤の改良工事に向けた設計変更に着手する方針を固めた。県は承認しない構えで、工期が遅れる見通し。政府関係者が21日明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加