国民民主党佐賀県連は20日、常任幹事会を開き、夏の参院選の対応を協議した。昨年12月に立候補を打診した横尾俊彦多久市長(62)について、諾否を得ない状況が続いていることが報告された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加