大規模な災害に備え、住民自ら避難所を運営するための訓練が19日、伊万里市の市民センターで行われた。地域で防災活動などに携わる約70人が参加し、避難者への配慮が行き届いた運営の在り方を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加